妊活部 子宮内膜症課!

~子宮内膜症でも妊娠できますか?~

妊活、はじめました!①

毎度お世話になっております!

妊活部 子宮内膜症課 課長のはちみつです。

 

今日はようやく妊活のお話が出来そうです(*´◒`*)ヤッター!!!

妊活をはじめようと決意したときのことを、思い出しながら書いていきます。

 

 

結婚してから1年半の間、

お金の問題でなかなか落ち着かない生活を送っていた私達夫婦ですが、

 

「子供作る気があるなら一刻も早い方がいい」

 

という婦人科の先生の言葉がいつもチクチクと頭の片隅から離れなかった私は、ついに思いきって妊活を始めることにしました!

 

婦人科の先生に妊娠希望であることを伝えるため、電話で問い合わせをしました。

 

(1年に1回くらい診察があるのですが、そのときの先生のイライラした雰囲気が怖く感じられるようになっており、電話で済むなら電話がよかったので…)

 

今飲んでいるピルはどうすればいい?

妊娠するためにどんな検査を受ければいい?

基礎体温つけ始める?

 

「あなたが妊娠希望になったときは、私達の出番だ!!!(ドドン)」

 

と言ってくれたあの先生です。

 

聞きたいことはいろいろありました!

どんなアドバイスをくれるんだろう、とわくわくしていたのですが、

なんと

 

「ピルはあなたの希望で飲んでいるのだから

好きなときにやめたら?」

 

と言われてしまいましたwww

 

がっかり&びっくりです(´;ω;`)

決して私の希望で飲んでるわけではないです(´;ω;`)

 

子宮内膜症と診断されて、低容量ピルを処方されていたことを伝えたところ、

 

「じゃあ今飲んでいるシートが終わったらもう飲まなくていいわ!病院にも来なくていいからね、じゃあね!」

 

と言われ、プツッと電話が切れました(´・ω・`)

 

えーーーーーー!!?!??

それだけーーー!???

 

私はてっきり今後も面倒みてもらえるものかと…(;o;)

むしろここからより一層手厚くご指導いただけるものかと…!

 

せめて基礎体温つけて持ってきて」くらいは言ってもらえると思っていました。

 

さっぱりしてるにも程がある…!

 

軽くショックは受けましたが、

自然に妊娠するかもしれないから、

妊娠しなかったらまた来てね!

ってことなのかな?と捉え、自分なりに妊活を始めてみることにしました!

(わりとポジティブです)

 

まずはママリやルナルナをインストール♪

妊活についての情報収集を始めました(`・ω・´)

 

基礎体温計&ノートも買いました⭐︎

 

ずっと妊活をスタートできず足止めをくらっていたので、

何をするにもうきうきして仕方がありませんでした。

 

…が、基礎体温を測り始めて数ヶ月、

私の基礎体温表はお手本のグラフとは程遠く、ガタガタです。

 

「ガクッと体温が下がる日に排卵します」

…え、どこ!?

排卵日もよくわかりません。

 

次は排卵検査薬を使うぞ!

…なぜかうまく反応しません。

(しかも1本が結構お高い!)

 

「私の基礎体温グラフ、正常ですか?」

ママリで投稿してみましたが

「高温期が短いので黄体機能不全かも?」

と回答が(;o;)

 

あんなに楽だった生理も、

どんどんどんどんどんどんどんどん

重くなります。(やっぱりピルってすごい)

 

日を重ねるごとに、私のテンションは下がっていきました(笑)

 

夫にタイミングの日をお願いしていたのに「眠い」と言われて般若の如く怒り。

祈るような気持ちで体温はかると36.48…で朝からへこみ。

初期症状っぽいな!?と思ってはリセットしてどん底へ…

懐かしの重た~~~い生理がつらすぎる…

 

 

毎日体温で一喜一憂するの嫌だ!

体温はかるストレスで2時3時4時と変な時間に目が覚めるの嫌だ!

夫にタイミングの計画を話すとき気をつかうの嫌だ!

明らかにリセットなのになかなか生理こないのも嫌だ!

全部嫌だ!!!

 

妊活って先も見えないし正解がわからないし、

全然楽しくないなぁと思っていました。

 

 

そして、妊活スタートから10ヶ月。

 

子宮内膜症はどんどん悪くなっているんだろうな…

大丈夫かな…

ピルを飲めない内膜症患者さんはどうしてるんだろう?

心配ごとも増えていくばかりです。

このまま自力で妊活していてもダメかも、と思い、

ようやく重い腰をあげて病院にいくことを決意しました!

 

頼りにしていた先生は少し怖かったし、

あの一件で不信感を覚えていたため、

別の病院に通うことにしました。

 

近所の不妊専門で評判がいい病院は、

早々にステップアップすることが大前提とのことでしたので諦めて、

(あまりお金をかけられないので、わが家はステップアップは今のところ考えていません)

 

「先生が優しくて通うのが苦にならない病院」

 

の一点に条件を絞って産婦人科を探しました。

 

見つけたのは、電車を2本乗り継いだ先にある、小さな病院です。

片道40分、往復1000円の交通費がかかります。

 

でも、新しく通い始めたその産婦人科で、

私は今度こそ一生ついていきます!と思える

女神のような先生と出会うことができるのです(*´ `*)ノ

 

大好きな先生の話をはやくしたいのですが、

長くなりそうなので今日はこの辺で。

 

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました♡