妊活部 子宮内膜症課!

~子宮内膜症でも妊娠できますか?~

私、子宮内膜症です!

こんにちは!

妊活部 子宮内膜症課 課長のはちみつです!

 

今日は「私は子宮内膜症なんです。」

パートナーに打ち明けた日のことついてお話しさせてください。

 

まず夫から付き合って欲しいと言われたとき、

私は「もう誰とも付き合わない!1人で生きていく!」モード突入中でした。

 

以前、結婚を前提に…と言われて告白をして頂いた方に

子宮内膜症で、妊娠できないと言われたことがある」と勇気を出して打ち明けたことがありました。

 

その方は随分と気にしていた様子で(当たり前か)

「俺は子供欲しいんだけど…」と言われました。

 

その数ヶ月後、理由も告げられずお別れすることになったので、

もしかしたら、病気のことが原因なのかな?と。

 

もうこんなに悲しい思いをするなら、結婚しなくていい!妊娠もしなくていい!

誰とも付き合わなければ悲しい思いはしない!

もう誰かがいなくなる寂しさを味わいたくない!

家族さえいてくれればいい!

・・・と思っていたのです。

 

(その1人前の元彼からは

「そんな薬を飲んでいたらこれからどんどん性被害に遭うぞ覚悟しろ」と言われましたが、論外なので省きます)

 

夫と初めて2人で遊ぶことになったとき、

彼氏を作るつもりがなく、

夫に対して意識も何もしていなかった私は、

スッピン&ボロボロの部屋着みたいなゆるい服装で登場。

 

人見知りなので愛想も悪いし、

今後何かに発展することになるとは思ってもみませんでした…

 

が、何が良かったのか付き合って欲しいと告白していただいて( ゚д゚)

 

私はかな〜り悩みました。

 

顔も好みだし(大事です)

とても優しいし、いい人です。

こんな素敵な人と付き合えるなんて願ってもない話です。

 

ありがたい話ではあるけど、

付き合うならまた病気のこと言わないといけない…

重い話だし嫌がられるかも…

できれば言いたくない…

どんな反応されるのか怖い!

でも隠したまま付き合うのってどうなんだろう。

 

返事するまでに物凄い時間が掛かりましたが、

「何が原因で悩んでいるのか、全部教えて欲しい」

としつこくしつこく聞かれて(笑)

 

私はようやく心の内を話すことを決意しました!

 

どうせ誰かと付き合うとか思ってなかったし、

言ってみてだめならだめでいいや!

もう病気のことでは散々傷付いてきたし、

ネガティブな反応されてもまぁ仕方ないよね〜。

 

と思えたので(´ω`)

 

ですが、夫は私の心配をよそに、

なんだそんなことか!くらいのいい笑顔で

 

付き合おうって言ったのは、

子供が欲しいからじゃなくてはちみつちゃんと一緒にいたいから。

病気はあってもなくても関係ない。

将来子供ができてもできなかったとしても、どっちでもいい。

と言いました。

 

もし総入れ歯だったとしても、ツルツルにハゲてても(笑)これからどんな病気になったとしても一緒にいたいと。

 

こんな返事が返ってくるとは思っておらず、

私はぽかんとしてしまいました('Д')

 

私を病気ごと受け入れてもらえたことが、とてもとても嬉しかったのです。

(よろしくお願いしますと返事をさせていただきました。)

 

 

「子供ができるならそれはそれで嬉しいことだけど、できなくてもなんの問題もない。

子供がいてもいなくても、

はちみつちゃんとずっと一緒にいられることが幸せで大事なんだよ」

 

「子供ができてもできなくても、

ハッピーエンドしか用意されてないから

心配しなくて大丈夫だよ!」

私が妊活や病気のことで不安になったり思い詰めたりすると、夫は繰り返し励ましてくれます。

 

不妊の原因(かもしれない)を抱えている側からすると、正直かなり有り難いです。ストレスやプレッシャーが少なくて。

 

 

子宮内膜症は腰痛や腹痛だけでなく、性交痛もあります。

(妊娠希望中でない間は)毎日低容量ピルも飲みます。

不妊だった場合のこともしっかり考えたい。

多分元気な方と比べるとお金もかかる。

パートナーの理解や協力なしでは暮らしていけないなぁ、と私は思います。

 

子宮内膜症に限らず、

抱えてる病気をカミングアウトするのって、

とってもとっても勇気が要ることですが、

 

私は夫との出会いで、

病気のことをまっすぐ受け止められない日・

まっすぐ向かい合えない日に、

代わりに受け止めてくれる誰か

(パートナーや家族、友達)がいることで

こんなに心強いんだなぁと、思うことができました。

 

10人に1人が子宮内膜症の現代。

「低容量ピル」に対しての偏見や

子宮内膜症についての偏見がなくなって、

(性行為のし過ぎでなると思ってる人もいるらしい。悲しい。)

「私、子宮内膜症です!」

と言いやすい世の中になればいいなぁと願うばかりです。

 

正しい知識で正しく病気や妊活と向き合うためにも、私も勉強がんばります(*´◒`*)!

 

今日はこの辺で…。

 

あ、なんか読み返すとめっちゃいい夫っぽいですが、

結婚してからはそれはまぁいろいろな苦労があったんですよ!!

(お金のこととかお金のこととかお金のこととか!)

 

なにも問題がない夫婦なんていないって、思ってます。

でも私思いのとても優しい人なので、

苦手分野は補い合いつつ、2人で乗り越えていけると信じています。

 

ではでは、読んでいただいてありがとうございました(*´ `*)ノ